権力大好きの宋美齢が結婚した相手

権力大好きの宋美齢が結婚した相手

とにもかくにも、ものすごいセレブの家に生まれた宋美齢ですが、彼女が生まれたのは父親の浙江財閥の拠点がある上海です。勝手な想像ですが、上海は貿易港でもあるのでいろいろな物が流通する拠点でもあります。もちろん食材もかなり豊富な食材を日常的に目にしていたのではないでしょうか。いつごろ宋美齢が「ツバメの巣」の存在を知ったのか知りたいぐらいですが、楊貴妃も食べていたので文献などで早い段階から知っていたと思います。

美しくなりたーーーーい

あなたのいらなくなったもの、捨てる前に福岡エコサービスへご連絡ください!リサイクル 福岡高価買取り実施中です!不要品を「処分できてお金になる」こんな良いことありません。是非、一度お気軽にご相談ください!

豊かな上流階級の子女

宋美齢には2人のお姉さんも含めて全部で6人兄弟です。中華民国の金融をがっちりと握っている財閥の娘として誕生しているので、なんとわずか9歳の時に海を渡りアメリカ留学をしています。このアメリカ留学の時には一緒にお姉さんの宋慶齢も一緒でした。中学校そして高校時代を送ったのは、ジョージア州のメイコン郊外にある高級住宅街で学生生活を送っていますが、この留学生活で彼女はかなり流暢な英語を身につけることになりました。

アメリカ時代

勉強はがっつりするタイプではなかったようで、どちらかといえばミーハーな部類に入るでしょう。チアリーダーになったり、学校内の行事の時には旗手を担当したりと目立つことが好きな女子生徒だったことが伺えます。

高校はジョージア州の高校を卒業しています。大学は同じくジョージア州のメイコンにある女子大学のウェスレイアン大学に1年間在学してから、マサチューセッツ州にある名門女子大学のウェルズリー大学に入学しています。彼女のお姉さん達はウェスレイアン大学を卒業しているので、宋美齢だけがウェルズリー大学へ進んでいます。そしてこの名門女子大学のウェルズリー大学を1917年に首席で卒業しています。なんでもこの頃から、アメリカ系の秘密結社のフリーメイソンと深い関係にあるイースタン・スターというフリーメーソンのような組織のフラタニティ会員だったといわれています。そのためウェルズリー大学を卒業して、中華民国に帰国したあとに、元々メソジスト教会の宣教師だった父親の影響を受けて中華民国でキリスト教の布教活動をしていました。

セレブのお食事

蒋介石と結婚

蒋介石は自分の野心のために妻を変える。というほどの野心家だということが宋美齢との結婚でわかります。すでに蒋介石は15歳の時に、母親のすすめもあって蒋介石が学んでいた毛鳳美の塾の娘で、蒋介石よりは4歳年上の毛福梅と結婚していました。早い段階から2人の関係は愛情がなくなった生活だったようで、蒋介石は日本への留学を経てから孫文が率いてる中国同盟会の一員となっていますが1919年に孫文と一緒に豪商の家を訪問した時にいたひとりの16歳の女性、陳潔如(ちんけつじょ)と出会い、猛烈アタックしたそうです。もちろん奥さんはいますが、それでも「指を1本切り落としてもいいから」と押し切る形で2回目の結婚をしています。

そして蒋介石が目をつけたのは、蒋介石が師と仰いでいた孫文が亡くなってからのことです。蒋介石が目をつけたのは、師匠の孫文の妻でした。つまり宋慶齢に目をつけてプロポーズしていますが、こちらからはあっさりと断わられていますが、蒋介石はめげません。笑 なんといっても、宋一族はものすごい財閥ですから、宋一族の娘と結婚すれば財力的にもバックアップはしてもらえるし、孫文とも義理の関係ができるから自分自身のキャリアにも箔がつくってもんだ!と考えたのでしょうね。そしてお姉ちゃんには断わられたけど、妹がいるさっ!てな感じで、妹の宋美齢に目をつけてよっしゃー結婚するぞ。と思ったのでしょう。

なんでも宋美齢とであったのは、1920年ですでに中華民国の指導者となっていて中国国民党の党首の座に付いている蒋介石と、上海にある孫文の旧居で会ってそれから7年間の交際を経てのプロポーズになりましたが、なんといっても蒋介石は既婚者です。親が猛烈に反対したら、蒋介石の野望は叶うことはありません。そんな蒋介石に宋三姉妹の長女が入れ知恵をします。

そうですお金が大好きで孫文の秘書をしていた長女の宋靄齢が、「美齢と結婚したかったらまず母親の許可を得ることね。お母様はちょうど有馬温泉に湯治にでかけているわよ。」そして母親の許可を得て、前の奥さんを出世のためにポイッと捨てる形で宋美齢と1927年12月1日に結婚式を挙げました。

中華民国の中でもかなりの名家の出身で、おまけに9歳からアメリカ留学をしてそのうえアメリカで高等教育まで受けている宋美齢のことは、欧米でもとても知られています。そんな宋美齢と中華民国の指導者蒋介石との結婚は、中華民国はもちろんですがアメリカや日本そしてイギリスといった世界中に大きなニュースとして報道されました。なんといっても2人の結婚は、ニューヨークタイムズ紙の1面を飾ったほどなので、かなり大きく取り上げられました。