アナツバメの巣は高級食材

アナツバメの巣は高級食材

アナツバメの巣、高級食材の『燕の巣』はどのように食べられているのでしょうか~?!中国の伝統的な食べかたといえば、アナツバメの巣を氷砂糖のシロップと一緒に・・というのが伝統的なツバメの巣の食べかたです。スープだったりデザートの素材として使われることが多いアナツバメの巣ですが、かつては中国の高級食材から今では世界中でもとても人気の高い食材のひとつになっています。

美しくなりたーーーーい

「女性の美と健康を、トータルで応援したい!そんな想いで、代官山コンディショニングは大好きな代官山の土地でお客さまをお迎えしています。効果の実感できる整体 渋谷をお探しでしたらぜひ当院をご利用下さい。

超高級食材

三大なんちゃらが好きですが、「世界三大珍味」といえばキャビア・トリュフ・フォアグラですよね~ では中国三大中華高級食材といえば、アナツバメの巣・ふかひれ・アワビではないでしょうか~!

どれだけ高級かというと、2013年に中国政府が汚職ですっかり腐敗していることを改めるために、接待の宴席で高級食材は禁止!!となりましたが、その時に高級食材として上げられた中にもちろんアナツバメの巣がでました。 楊貴妃の時代も清の時代もごくごく一部の高い地位や貴族しか口にすることができなかったアナツバメの巣は21世紀の今でも変わらず普遍的に高級食材なんです。なんでもアナツバメの巣がでる宴席料理のことを『燕菜席』と呼ばれていることからも、ものすごいスペシャル感がありますよね~

アナツバメの巣は、広東料理に登場することが多いので中華料理の四大菜系のひとつでもある『広東料理』についてご紹介しましょう。

広東料理

広東料理は四川料理と比べるととても、日本でも多く広東料理の専門店があります。横浜中華街だったり、神戸の南京町は広東系出身者が多いので広東料理が多いんですね~~

中国は人口も多ければもちろん土地もかなり広いです。かなり広いだけに、広東省ももちろん広いです。広東省にはいろんな中国各地の名物料理が集まった集大成でもあるので、「食は広州にあり!」という意味の「食材広州」という言葉もあるほどです。

特徴

中華料理はとにかくなんでも食材にしてしまう!!というイメージがあります。都市伝説ですが「○△料理店」の付近では野良猫がいない。野良猫を捕まえて、料理の材料に使ってその皮は三味線の皮にするために密かに取引をされている・・・という話を聞いて、実際になんでも食材にしてしまっているのも事実なだけにおぉーーー怖い怖い。うちの猫はどんなことがあっても、絶対に野良ネコに間違われないようにしっかりと首輪をつけとかないとね。と思ったことがあります。

なんでも実際に広東人は「飛ぶものは飛行機以外、そして泳ぐものは潜水艦以外、四つ足は椅子と机以外、二本足は親以外なんでも食べる」と言われているんです。本当になんでも食べるんですね~ ヤモリでもヘビでも、それこそ蟻も!!!もうどこまで食材に?!と驚いてしまいますが、そんな風にいわれているだけあって広東料理の食材として市場で売られているものには犬!!!!もあります。

ハクビシンも売られていましたが、SARSが流行った時にハクビシンがSARSの感染源となったので、一部規制されましたが規制されない限りは本当に徹底的になんでも食べます。

絶対に野生動物は食べたくない~~という方には、「イエメイ」という言葉を覚えておきましょう。「イエメイ」という意味は「野味」となっていて野生動物を使って作られた料理のことです。

セレブのお食事

当社があなたのお部屋探しをお手伝いします。柏 テナント探しなら当社で決まり♪

海産物

もちろん野生動物以外にも、海産物も広東料理の食材としてつかわれています。理由は海に近いというのが理由です。アナツバメの巣も断崖絶壁の奥深くの洞窟から取られるので、ここではアナツバメの巣も海産物ということにしておきましょう。

ほかにもフカヒレ、貝柱、牡蠣、ヒラメの干物などで、いわゆる乾物の「うま味」を料理に取り入れています。そしてもちろん「うま味」を生かすために、味は薄味になっているので、広東料理は素材のうま味をふんだんに生かしている料理が多いのも特徴といえます。アナツバメの巣はどんな味がするでしょうかね~アナツバメの唾液。どんな味なんだろう。と気になりますが、採取した後にしっかり洗浄されてかつ長時間煮込まれているので、味そのものはしないかもしれないですね。どちらかというと食感を楽しむ食材として、使われているのでしょう。『燕の巣』の伝統的な食べかたも氷砂糖のシロップと一緒に頂く・・というのがトラディショナルな燕の巣の食べ方なので、『燕の巣』を食べる理由は美容やアンチエイジングそして高級食材だから。というのが理由かもしれないですね。

『燕の巣』はどんな食感かというと、アナツバメの巣独特のゼリー状の食感が特徴です。海産物で美味しいから食べるというよりは、美容と長寿のために楊貴妃が食べていたように、清の時代のめちゃくちゃおそろしい西太后も、『燕の巣』を連日のように食べていたとか。まさにこの食材は味や食感を楽しむよりは、「ざ・漢方食材」とした使われ方ですね。